課金から抜け出すには!?課金してしまう人の心理とは!?

  • 前回の記事では私が約4年の間、ゲームに課金してしまった記事を書きました。

課金額900万円!!

今回はその体験を思い出しながら記事を書いていきます。

課金とは?

私が課金して遊んでいたゲームは主に3つでした。
~ブラウザゲーム~
ガンダムオペレーションズ

~携帯アプリ~
パズドラ
モンスト

ここでは有名な携帯アプリ(モンスト)で説明します。
実際にプレイしている方はご存知だと思いますが
アプリ内で課金するのは1つのみ。

オーブを購入する

お金が掛かるのはこの時だけです。
モンストの料金表は以下の通り。

このオーブでできる事は・・・
①ガチャ(1回5個使用)
②スタミナを回復
③ボックスの拡張
④コンティニュー
⑤クエストチケットと交換

確かこの5つだけだったと思います。

そんなに課金する事があるのか!?
と理解できない方も多いのではないでしょうか。

①のガチャがオーブ使用のほとんどを占めているでしょう。

無課金でも遊べる!と謳ってはいるものの
人間の物欲センサーは恐ろしいです。。。

モンストに関しては10連ガチャ(1回でオーブ50個消費)があるので
一瞬で数千円のお金が無くなります。。。

オーブ購入もうまくできています。
まとめて(高額)購入するとオーブ1個当たりの単価が安くなります。
例)
オーブ1個購入→120円(120円)
オーブ175個購入→9,800円(56円)
※()内は単価

最大で1回175個購入すると1個単位で買うより半値以下!
熱くなってしまう方は一瞬で数万ものお金を使ってしまいます。

10連を回す事は1分も掛からないでしょう。
オーブ175個を2回購入→19,600円 オーブ350個
これで10連は7回引けます。

恐らく10分も掛からずオーブは無くなります。

恐ろしいですよね。。。
私はモンストでお正月に実装された
パンドラというキャラが欲しくて12万もの大金を一晩で
使ってしまいました。。。
②~⑤についてもオーブを使用しますが、今回は割愛します。

課金する人の心理

やはりここが一番大事!
課金地獄から抜け出すヒントになるでしょう。

①欲求が抑えられない
多分これが9割以上を占めているでしょう。
本当に怖い話です。
モンストで例えると・・・

強いモンスターを入手する

自慢できる

周りから頼られる

気持ち良くなる

何て怖いんでしょう。
人間が持つ帰属欲求、承認欲求が満たされてしまうのです。

モンストに関しては、マルチ機能によりユーザーが異常に伸び
完全に社会現象となってましたね。
私が以前勤めていた会社の部長クラス(60歳超)もハマっていたのを
知った時は本気で時代を感じました。

業者対応がある時も事務所でまずは「マルチやってからでいいか?」など
仕事の中にモンストが入っている時もありました。
これは社会現象と言っても良いレベルでした。

自分だけであれば良いですが、自分とは別の誰かと交わってしまうと
欲求を満たそうと制御できなくなるんですね。

②金銭感覚が狂っている
これは①のせいです。
先ほど述べたオーブとゲームソフトを例に挙げます。
オーブ175個  → 9,800円
ドラクエ11(PS4)→    8,980円

モンスト廃課金ユーザーはどちらの方が高いと感じるでしょうか!?

恐らくドラクエ8,980円高いだろう。。。って方が多いと思います。
こう思う人は簡単に課金します。
金銭感覚というよりオーブにお金を掛けた方が良いと脳にインプットされているのでしょう。

千葉県の最低賃金が平成28年10月1日から842円になったそうですが
1日8時間働いてもオーブ175個は買えません。

③分割で払えば良いと思っている
これもヤバイ要素の1つです。
支払いには色々な方法があります。
携帯代と一括支払い
・GooglePlayカードやi Tunesカードでの支払い
・クレジットカード払い

ここで一番危険なのはクレジットカード払いです。
魔法のカードと言われていますが、まさに悪魔のカードです。
上限はカードや契約内容によって異なりますが
私は全てのカードの上限が100万に設定されていました。

リボ払いは本当に危険です。
追々、別で記事を書きます。

課金地獄に落ちない、抜け出すには!?

①ゲームをインストールしない
まだ初めていない方には絶対これをオススメします。
ゲームなんてただの息抜き、ログイン程度でプレイ時間も短い。
こう割り切れる方は良いと思います。
が、いつまたモンスターゲームが登場するかわかりません。
もし、登場しても波に逆らえる位の気持ちでインストールをしない。

②支払い方法を変更する
先ほど、述べた通りクレジットカード払いは絶対に止めましょう。
まずは支払い方法をGoogle Playカードだけにしてみる。など
対策をしましょう。その都度、コンビニに行くのが面倒になり
意外に課金アホくさ!って思えるかもしれませんよ。

③データを消去、もしくは譲渡する
これは今までゲームに割いてきた時間やお金を考えると厳しい選択でしょう。
そもそも、これを選択できる方なら課金地獄に落ちる事も無いのかもしれません。

④時間の大切さを考えてみる
人間に与えられた唯一平等な物。それが時間です。
誰にでも1日24時間という時間が与えられています。
ゲームにどれくらいの時間を割いているのか、実際に記入してみると良いです。
連続ログインボーナス(特典)という素晴らしきシステムがあり、
ユーザーは1日1回はログインしないといけない。もったいない。という錯覚に陥ります。
例えば1日2時間ゲームをしていたとします。
ゲームの代わりに何ができるでしょう。ゲームに夢中になる前にあなたは
何が趣味でしたか?子供が隣で遊んでいませんか?勉強しませんか?
親の手伝いでもしませんか?筋トレやランニングでもどうですか?

ここまでが抜けだす為の提案です。
次回は私が実際に課金地獄から抜け出した方法を書いてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です